[ 田 口 城 ]

巨大な山城、眼下に五稜郭を望む



  



  

  

  

五稜郭展望台
   

城山山頂部


  

城山自然研究園


龍岡城(五稜郭)近影
  

山名:田口城山、点名:城山、4等三角点、標高 881.47 m  
基準点コード:TR4-5438-24-4001、5万分の1地形図名:御代田
 
撮影:令和4年9月19日

 長野県佐久市にある山で山頂一帯は田口城址。五稜郭の   案内所で田口城山の案内図をゲット、反対側の狭い林道へ回る。車でゆけそう であったが、ここは自重し、田んぼの横に駐車、 林道を歩いて登る。約30分ほどで山頂近くの駐車場に着く。これなら車で登れたものを。林道から山道を3分ほどで、左手に四等三角点、その先 を右手に少し下ると柵を巡らせた展望台があり、五稜郭を俯瞰。先の山道に戻って右折、郭址とおぼしき地形を縫ってゆくとやがて主郭址である広 い山頂に出た。その一角に苔むした石の祠がただ1基、一瞬、背中を冷や汗が伝う。第2、第3の廓址とおぼしき平地が連なり、その向こうに城山 自然研究園の建物があった。帰りは季節柄、栗の実拾いに興ずる。拾うたびにポケットへ入れていったが、ずしりと重くなり、ズボンがずり落ちそ うになった。

 以下は「城郭放浪記」ホームページより引用
 城は南北を吉沢川と雨川に挟まれた山の頂部にあり、龍岡城の北に位置する。 北海道の五稜郭は五稜郭タワーから眺めるが、龍岡の五稜郭はこの田口城から眺めることができる。 城は東の尾根に二条の堀切を設け、山頂の主郭から西と北の尾根伝いに広い削平地を段々と連ねている。側面下部には石積が見られ、坂状に積 み上げられた石積もあるが、これが城の遺構かどうかはわからない。 南麓の蕃松院は松平康国が父依田信蕃の為に建立した寺院で、依田信蕃の墓碑とされる五輪塔が残る。