[村 上 城]

臥牛山頂に城跡、村上市街地、日本海などを一望



  

  



  

  



   

  

  



  

山名:臥牛山、点名:城山、三等三角点、標高 134.92 m  
基準点コード:TR3-5739-23-6801、5万分の1地形図名:村上

撮影:平成28年10月29日



     ・現地案内板記載内容

      国指定史跡「村上城跡」(平成5年6月8日指定)

       村 上 城

       この城は、室町時代以来この地方の地頭本庄氏の根拠地でし
      たが、慶長三年(一五九八)国替えでこの地に入った村上頼勝
      が大改造を加え、その後、堀直竒、松平直矩によって本格的に
      築造され、三層の天守がその偉容を誇っていました。しかし天
      守は、寛文七年(一六六七)に落雷によって焼失し、以後、建
      立されませんでした。現在は、臥牛山上の本城の諸郭や門、天
      守、櫓の跡がよく原形をとどめ、とくに三〇〇有余年の風雪に
      耐えた高石垣は当時の石工技術と力学の結晶であります。
       別名、舞鶴城とも呼ばれました 。