[ 金 山 城 ]

石垣の城、本丸址には新田神社が鎮座

  

   



  

  

  

  

  


山名:金山、点名:東金井、2等三角点、標高 222.31 m  
基準点コード:TR2-5439-33-8001、5万分の1地形図名:深谷
 
撮影:令和4年7月17日

 群馬県太田市の金山城址は石垣だらけ。日本百名城に数えられている。よくもこんな山の上に多量の石垣を 築けたものと感心してしまう。大部分は麓から運び上げたものである。山頂近くの直径20mほどの「日の池」 はほぼ円形で城の命綱。

 三角点は山頂手前の物見台の側にあり、最高地点の山頂には新田神社が鎮座する。