[末 吉 城 山]

ハイキングに適した中世の山城跡

観音堂前に駐車、菊理媛神社の社号標と鳥居は高宮(白山神社)のもの?   観音堂

  ここから登る

階段の上に高宮が見えてきた   高宮に到着

狼煙台があった山頂   欠けて痛々しい三等三角点

高浜市街地、日本海を展望   上水道の塔を望む

竹林を下って、   本丸跡の広場

さらに竹林を下る   大手に位置する西来寺本堂前で休憩

木鼻の彫り物   

「防火木(水)そう」の看板   観音堂に帰着

山名:末吉城山、点名:城山、三等三角点、標高 53.76 m
基準点コード:TR3-5536-46-1301、5万分の1地形図名:七尾

撮影:平成25年7月21日


 中世、七尾にあった畠山氏の出城である末吉城山は1時間程度で一周できるハイキングコース。観音堂から タカノミヤ(白山神社)を経て尾根伝いに「狼煙台」があった山頂に至り、高浜市街地と日本海を遠望する。 三等三角点は東屋の北側にあり、四隅が欠けており無残。下りは尾根伝いで、しばらくして竹林に入り、本丸 跡に立ち寄り、再び竹林の中を下る。下りきった処=大手にある西来寺に立ち寄る。

 本堂正面にある木鼻の彫り物は象と獅子のキメラ。「防火水そう」 の表示を見て同行した中国人が「防火木そうってなんですか?」と聞く。水の字が木に近かったための読み誤 りであった。さらに、石塔に刻まれた寺の名前を見て、中国人が「この寺は南京みたい」、「えっ??」、石 塔には「紫金山西来寺」と刻まれていた。山号の紫金山から中国江蘇省南京市の東にある有名な山の名前を連 想したのだった。
「現地の案内板」には以下のように記されている。
(前略)
登り道の尾根の中腹に、高宮(白山神社)が鎮座しているが、中
世には、末吉城と城主の守護神であった、と宮司の吉井氏は話され
ている。旧門前町の仁岸川下流域の馬場城址にも守り神の神社が残
っている。
 城址の守護神の神社が残っているのは、とても貴重な遺構である。
 観音堂から高宮を経る登り口が、大正、昭和時代の小中学校の春
期と秋期の遠足の登り道であった。(後略)